2008年3月24日

3.20 100名学習会 報告2

Filed under: 未分類 — admin @ 11:50 PM

引き続き学習会の報告です!
今回は、学習会Ⅰのレポート内容をひとつ紹介します♪

高校生が私学助成に関わる理由」  E.Nさん

私が私学助成っていうのを知ったのは、去年の10月。四条の1000人パレードに参加したのが初めてです。その時は、私学助成って知らなかったし、私学フェスティバルに関わる気もありませんでした。
しかし、私のお父さんがある事情で、仕事を辞めなければならないかもしれないということになりました。
私の通っている学校は、全国でもトップレベルの学費の高さ。年間の学費は100万円以上します。
もし、お父さんが仕事を辞めたら、どうやって学校にいけばいいの??高校やめようか??本気で考えました。やっぱり、奨学金とかかな…??そう思い、インターネットで調べました。調べていると、京都私学フェスティバルのページに…。
K先輩の言葉。
全国にも、私以上に苦しんでいる仲間がいる。
涙がぽろぽろ出てきました。
幸い、お父さんは、仕事を辞めずにすみましたが、心から喜べない自分がいました。
この、瞬間にも仲間が苦しんでいる。
このままでいいのかな??苦しみをちょっとでも、かるくできないのかな??
1人の仲間でも救いたい!!
今では、伝えてもらう側だった自分が、伝える側になっていました。

同じ仲間が苦しんでいるのはなぜ??
公私格差が生まれるのはなぜ??

経済的理由で生徒が辞めなあかんのは、なんで??

公立に比べたら、私学の学費は高いです、
親には、とっても感謝しています。感謝する気持ちは、だれでも絶対に、忘れてはなりません。
けど、感謝するだけでは、だめだと思います。
私たちの活動があるかぎり、公私格差があるかぎり、1人でも多くの高校生が私学助成を知らなければならない。
それによって、仲間も自分も親も助けてあげることにつながります。

私学助成に関わる理由はこのようにたくさんあると思いますが、私学助成というのは、今の私たちの目の前にあるぜったい目をそらすことができない課題だからです。

2008年3月23日

3.20 100名学習会 報告

Filed under: 未分類 — admin @ 12:36 AM

今日は3月20日にあった学習会の報告をします♪
プログラム
1. 学習会Ⅰ(私学助成について:生徒2名より)
2. 学習会Ⅱ(京都・兵庫・滋賀からレポート)
3. 質疑・応答
4. 学習会Ⅲ(全国・近畿がつながるわけ:教員より)
5. 質疑・応答
6. グループディスカッション
7. フロア発言

私学助成の仕組みや情勢の動きは、まだまだ理解できていない事が多すぎます。その、わからないことを少しずつでも、私たちは知っていかなければいけないと、今日の学習会であらためて感じました。
まだまだ私たちの知らないところで苦しんでいる仲間がいます。
私学助成について少しでも多くのことを知って、活動に生かしていきたいと思いました!

では、学習会の参加者の感想を読んでください!!

大谷高校 J.Mくん
僕がフェスに関わったのは、3度目だったけど、みんなが、自分や友達の高校生活について真剣に取り組み、考え、行動する。
本当に高校生は、無力じゃないって事を来る度に実感できる素晴らしい場だと思いました。
最後のフロア発言で、橘の人が言っていたことだけど、この活動のことを、経済的理由で公立高校にさえいけない人がみたらどう思うんだろう?

この事は、心に留めて考えておかなきゃいけないと思いました。

2008年3月13日

3.20 100名学習会

Filed under: 未分類 — admin @ 8:09 PM

みなさん、こんにちは♪
いつもHP見てくださりありがとうございます\(^o^)/
今日は、3月20日に行う学習会にかける想いを、立命館宇治高校のE.Nさんにしていただいきます!では、おねがいします♪

日時:3月20日13時~
場所:大谷高校
規模:100人目標!!

私自身はこうやって最初から関わるのは初めてです。わからなかったり、上手くいかないこともありますが、頑張っています☆
今回は、私学助成のことを詳しく説明した後、K先生が『全国・近畿が繋がるワケ』ということを熱く語ってくださります。だから、私学助成って何?って思ってる人。初参加。たくさん来てほしい!!私学に通っている人も、公立に通ってる人も、是非来てほしい!!
そして、いろんなことを学んで、それを多くの人に伝えていってほしいです。このように、近畿の中学生・高校生が集まる機会なんてそうないと思う。いろんな人に会って、刺激を受けられる場所でもあります。
この瞬間も、経済的理由で学校に行けない、苦しんでいる仲間がいる。
だからこそ、この学習会・活動を知ってほしいです。それが、仲間を救う一歩になります!!☆
この『100名学習会』を成功させようと必死に頑張っています。絶対成功さすので、皆さん来てください。
そして、準備会のみんなは、成功するためにもっともっと頑張りましょう!」

はい♪ありがとうございました。
E.Nさんが言ってたように、みなさん是非きてください!!
100人集めることは大変。でも、それだけの人に、それ以上の人に。私学助成を、苦しんでる仲間がいることを知ってもらわなあかん!
たくさんの想いを詰めた学習会です。よろしくおねがいしますm(__)m

2008年3月10日

レポート

Filed under: 未分類 — admin @ 7:28 PM

2月24日にあった私学教研で、私学フェスティバルより、大谷高校のR.Tさんがレポートをしてくれました!!ここで紹介したいと思います♪

私は今まで学校について、深く考えたことはなかった、だって私にとって学校とは、行けることが当たり前だったから…私フェスに出会わなければ私はきっと今もそうだったに違いないし、私学助成金のことも何も知らなかったままだと思う。私フェスを通して、私が今、学校に通えていることはとても貴重であるということに気がついた。
全国には私学に通いたくても通えない仲間がいる。
行きたい学校があるのにお金がないから行けない仲間がいる。
そして私学助成金が削減されれば、明日にでも学校から去らなければならない仲間たちがいる…。
そんな中、私が私学に通えていることは本当にすばらしいことなんだ。
それに気づいたとき、私の意識は変わった。
学校は中高生が勉強をするための場所だけれど、その環境は当たり前にあるものなんかじゃなかった!
学校に行けるということ、勉強できるということは、すごく貴重なことなのだ。
学校に行きたくても行けない仲間たちが、日本にはたくさんいる…。
学校に行けることを当たり前のことにしたい。
今しかできない勉強をしたい。
学校に行っているからこその悩みや苦しみもあるけれど、同じくらい楽しさや嬉しさもある。
同じ時間や気持ちを共有したいのに、なぜ公私格差は生まれるのか?
なぜ平等に通うことができないのか?
お金がなければ行きたい学校には行けないのか?
なぜ私学だけがこのような現状をつきつけられているのか?
今、ギリギリの生活をしている人は「いつ学校を辞めなければいけないんだろう…」とおびえながら生活していかなければならないのか?
親が自分の学費のために一生懸命働いてくれているのを、ただただ見ているだけなのか?
私たちにできることはないのか?
私フェスに出会ってから、本当に自分自身いろいろなことが変わった。いろいろなことを考えた。行動してきた。
今もそうだけど、前までは意見の言えない私がいた。こんなレポートをみんなの前で発表出来るような子じゃなかった。
私が変われたのは私フェスと私フェスで出会えた仲間がいたから。
私フェスに関わっていて良いのだろうか。
私はみんなの役に立ててるのだろうか。
どんなに苦しくても辛くてもみんなの笑顔がみたくて、私はやってこれた。
みんなが支えてくれたから。
みんな本当にありがとう。
これからも私は成長していきたいから…よろしくお願いします!

HTML convert time: 0.269 sec. Powered by WordPress ME